過払い金で弁護士費用をまかなえました

20代の頃でしたが、学生時代からのローンや借金をきちんと返済できなかったことが原因で、安定した生活を送ることが難しかったことがありました。
元はと言えばキャッシングやクレジットカードを自分で使い過ぎたのが理由でしたが、30代を迎える前に生活を安定させたかったこともあって、弁護士さんに依頼して解決することに決めました
手続きをお願いした弁護士事務所では、借金問題を得意としていたようで、「お金の問題で困っている方から、無理して費用を払っていただかなくても済むようにしています」と言ってくださったのが心強かったです。実際に依頼するにあたって、弁護士費用については一番不安だったのですが、まずは最初のメール相談は無料でした。その後の相談料は、着手金に含める形として、毎月確実に支払える金額を設定した上で分割払いとさせてもらうことが出来ました。これで結果的に毎月の生活が楽になったのが助かりました。
また弁護士報酬は20万円程度でしたが、いちばん初めの借り入れからの年数が長いことと、負債の総額がそれなりにあったことから、過払い金を充当して相殺することで、新たに自分でお金を用意する必要もありませんでした。良い弁護士さんに出会えたこと、今でも感謝しています。
【楽しい川柳国訛り】お金かイケメンか 複雑な心境(1/2ページ) - 産経 ...
じぇんこねぇイケメンばっかねぱてくる》青森県寺田北城さん・ジェンコ…銭コ、お金。・ネパテ…くっついて。寄って。◇意味は「お金の無いイケメンばかりが近寄ってくる…(続きを読む)